スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れかけたころに

2009年07月14日 20:41

今年の2月8日~15日に行った、卒業旅行のドイツ・フランス旅行記です


12分の長編動画になりましたヽ(´ー`)ノ
ほんとは動画に字幕解説を付けようと思ってたんだけど…色々ダルそうなので断念しましt
あと、写真があまりに膨大な量だったので、地味に友達の顔が隠しきれてません…zoomeに上げといてなんですが、その辺ご承知いただいた上でご覧いただけると助かります。
高画質で見てほしかったんだけど、修正しなおす気力もないんだよ><



普通に解説を箇条書きするので適当に併せつつご覧ください。笑



・冒頭のケーキ。友達が誕生日でしたので皆で用意しました。ちなみに前乗りして成田近くのホテルに泊まっています
・朝焼けの成田空港
・搭乗する機体はコリアン・エアーです
・成田限定?「空水」で搭乗前に一息
・時刻表示はいきなりすっ飛んで乗り換え空港。韓国ソウル・インチョン空港です(日本語表示もあります)
・インチョン空港の機内からの景色
・離陸。ここから約12時間の空の旅です
・最初の機内食はビーフorシーフード。
・本場ビビンバも出ました。追加こチューブコチュジャン付き
・航路は西へ。まったく日が沈みません。日本時間の深夜でも真昼間のような明るさ
・ドイツ(ミュンヘン)着。ようやく日が暮れ、夜になりました。(日本時間では朝9時くらい)
・バスのドアも道路も日本と全部逆w
・早速1箇所目のホテルのカフェでビールをいただき
・食事は肉類とパンがメイン、野菜がちょこっと。この度で大量にニキビができました(´Д`)
・ミュンヘン→フュッセン 白銀の世界です
・普通の民家が可愛い。
・アルプスの山々が見えてきました
・バスから下車、雪の山道を徒歩で登ります。道には馬車が歩いてたり。
・ルートヴィヒ2世が17年の歳月と巨額の費用をつぎ込んで建てた白亜の古城「ノイシュバンシュタイン城」を訪れます
・お土産は絵葉書とかピンバッチとか
・下山の際には3ユーロで馬車に乗って帰りました(゚∀゚)
・城の麓のレストランで食事☆ スープ・ラビオリ・アイスのコース。
・再びバスの旅。ヴィースへ向かいます
・世界遺産「ヴィース教会」を見学
・ミュンヘンへ戻る際、メルセデス・ベンツのショールームが。迫力が凄かったです
・ミュンヘン市内散策。市庁舎とか路面電車とか
・そしてドイツといえばビアホール。建物が広くて綺麗で楽器隊?なんかも居ました。
・丸いブツはビールジョッキのコースター。
・ほろ酔いになった後はドイツの地下鉄でホテルに帰還。
・地下鉄構内が、近未来なスタイリッシュデザインでお洒落。
・ドイツのホテルは結構綺麗です。海外はタオルもシャンプーも何も無いと思って行け、と添乗員さんに言われてたけど、普通に置いてあったし清潔な感じでしたw
・日程上では3日目、ロマンティック街道を通ってローテンブルクへ向かいます
・途中、PA的な場所でトイレに入るのですが、トイレはチップ制。改札のような所を通ってチケットを買います。チケットはPA内のショップでチップと等価の買い物ができます。実質タダになるわけですね。
・城壁に囲まれた”中世の宝石”と言われる街、ローテンブルクを散策
・街のいたるところに掛けられた看板が可愛いです。色んな形のパンとか、魔女の宅急便を彷彿とさせますv
・ショーウインドウに飾られた白い球体みたいな物体がありますが、あれは名物の食べ物です。ラスクが丸めて固められたみたいな感じなんだけど…名前忘れた\(^o^)/
・パスタで昼食をとり、2時に市庁舎の仕掛け時計を見る!詳しいストーリーは(ryしますが、ビールの飲み比べをしている様子です
・ちなみにこちらは年中クリスマスの街だそうで、クリスマス村ってゆーのがあります。武道館の時配った黒いHARIBOはここで買いましたww
・ローテンブルクから古城の街ハイデルベルクへ移動
・やたらキラキラしてて可愛い店があったので、勢いで蝶の風鈴?を購入w
・写真は無いけどこちらの三越ドイツ店?様にはお世話になりました
・ホテル着。紅いベッドがなんかエロい←
・夕食はホテル隣のファーストフード店へ。お店の陽気なお兄さん達と写真をパチリw
・日程上4日目ハイデルベルグからストラスブールへ。フランスが誇る超特急TGVにてパリへ向かいます
・日本で言う新幹線の駅構内は開放的でとても綺麗でした
・パリ到着。市内を車窓観光です
・パリ三越で一息。
・凱旋門・カルティエ本店・ルイ・ヴィトン本店・そしてエッフェル塔
・パリから一路、サン・マロへ6時間のバスの旅(この旅最長のバス移動)
・ホテル着、ディナーではフランス名物シードル(リンゴのワイン)をいただきます
・この食事のデザート(プリンの液体みたいなのの上に、メレンゲをゼラチン?で固めたものが載せてある)が美味しかった!
・日程上5日目サン・マロから世界遺産モン・サン・ミッシェルへ
・浅瀬に浮かぶ島の頂上に幻想的な修道院。「天空の城 ラピュタ」のモデルになったとされています
・麓の方には日本語も通じるお土産屋さんやレストランがたくさんありますw
・ランチはもつ鍋がメイン~けど、処理がちゃんとできていないのが日本のより臭かった><;
・パリへ帰還。夕焼けのエッフェル塔が綺麗です
・車窓からルーヴル美術館のピラミッドが垣間見えました!後日見学しますよー☆
・この日の夕食はスーパーで買出し。フランスらしく、ワインや生ハム、サーモン等とサラダなんかを購入。
・レシート見えにくいけど、50ユーロ(約6000円分)ほどお買い物しましたw
・日程上6日目、この日は終日自由行動なので私達のプラン力が試されます!
・最初に向かうのはパリ・ノートルダム大聖堂。5ユーロほどお布施して簡単な小冊子をゲト
・しばらく荘厳な内部の景色をご覧ください
・大聖堂全容のミニチュアも展示されてます
・次にルーヴル美術館に向かう…途中に、のだめカンタービレSPの舞台になった橋を通りましたw
・ルーヴル美術館に到着。ピラミッドも去ることながら、建物自体が荘厳でかなり巨大です。一日がかりじゃないととても回りきれない感じでしたね~
・「民衆を導く自由の女神」「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」「ナポレオンの戴冠」「レースを編む女」そして「モナ・リザ」など、著名な作品が勢ぞろいです
・ルーヴルを足早に去ると、パリの地下鉄で移動→モンマルトルへ
・「赤い風車」が有名な歴史的キャバレー、「ムーラン・ルージュ」
・そして映画「アメリ」の舞台となったカフェです。まさかアメリを見た時は本当にこの場所に来ることになるとは思わなかったなぁ…w
・アメリのカフェといえば、表面のカラメルが程よいキツネ色に仕上がった「クレーム・ブリュレ」ですよね~☆
・食事を済ませたら、モンマルトルからパリへ。パリ最大の百貨店「ギャラリー・ラファイエット」でショッピングです☆
・百貨店なのに天窓が恐るべきゴー☆ジャスさでした
・買い物を終えると外はすっかり真っ暗。そろそろ日本食が恋しくなってきたので、パリにあるラーメン屋さんで食事w
・日本で食べたら絶対なんてこともないラーメンのはずなのに、感動のうまさwwwwwそしてテレビでNHKが流れていた嬉しさwwww久しぶりの日本語テレビ放送\(^o^)/
・ラーメン屋の店員さん(フランス人)に、立ち上がったら「お勘定にされますか~」って日本語で言われたwww
・食後、再び地下鉄で移動してエッフェル塔の間近に急ぐ!夜は毎時ちょうどに華やかなライトアップがされます。 きらきら~☆☆☆ 季節?によってライトの色が変わるみたいです☆
・日程上7日目、自由行動もこの日でラストになります。2枚あるキップをよーく見ればなんとなく目的地がわかるかな?☆
・黄金の門とばかでかい建物がドドーン。 ここは、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿、ヴェルサイユ宮殿です☆
・宮殿内には祈りを捧げる聖堂や、フランス王家の家系図、そして様々な煌びやかで華やかな家具・寝具(天蓋つきのベッドが沢山)・絵画の数々
・そして窓の外には綺麗に整備され抜かれた庭園が広がります
・一際特徴的で印象的なのが、「鏡の回廊(鏡の間)」片方の壁一面に張られた鏡が外からの光を反射し、明るく荘厳な空間になっています
・そして真打「マリー・アントワネット」の肖像、そしてルーヴルにもありました「ナポレオンの戴冠」
・外に出ればそこには噴水庭園
・10分くらい?歩いてやっとのことでマリー・アントワネットの離宮も見学できました
・離宮の方が、マリーの趣味なのか、宮殿よりも家具がシックでそれでいて可愛らしい傾向に感じました。離宮は心休まる空間にしていたかったのでしょう
・さて、これにて予定していた旅の日程はほぼ終了しました。最後、このヴェルサイユ宮殿から集合場所のホテルへの帰途の途中の地下鉄で、スリに遭いデジカメを紛失しました…笑
・集合後、パリのシャルル・ド・ゴール空港へ向かいます。チケットみたいなやつの1枚目はスーツケースの引換券
・ソウル・インチョン空港に乗り換えの際、華麗にチケットを引きちぎられました笑
・あとはお土産。パリの空港にてエレクトラウンジのオムニバスと、日本でも買えそうなヘッドフォン←を、免税だからとホイホイ購入w
・シャルル・ド・ゴール空港で離陸前にAir Franceの機体を辛うじて撮影w
・写真無いけど、帰りの乗り換えのインチョン空港で1000円でBBクリームを買いましたw韓国の空港の免税店の店員さんは皆日本語ペラペラでした笑
・最後は日本に帰国の際の税関のアンケート?ですw
・ちなみに帰国の際には8時間の時差分、時間が進んでいくので、夜の20時半に離陸して、飛行中に一日明かし、到着時には翌日の夜20時半(日本)という感じですw確実に一日無駄にした気分になりますwww


そんな感じで大長編?動画と解説が終了です!!!!
本音を言うと、フランスではスリの他にもちょっと痛い目?にあっていて・・・正直、フランスはもう二度と行かないだろうとか思っています苦笑
まぁそんな思い出も含めてとてもいい経験になりました!
そしてこちらの動画の写真をすべて提供してくれ、共に旅をした大学の友人達。これからもきっと大切な仲間でいてくれるでしょう☆




ちなみにフランスでの出来事w

○TGV乗車前の話…友人がパン屋で食事を買おうと、お店のおばちゃんに「This one」て指差しながら意思を伝えようと頑張ったのに、ものすごく真顔で「(横に顔を振りながら)French(で喋れ)」と言われる→フランス語の指差しガイドブックを見せようと懸命になる友人→おばちゃん見る気なしで再度「French」→友人涙目\(^o^)/
○TGV乗車時の話…自分のチケットに書いてあった指定席に、フランス人の先客が→チケット見せても動かない→添乗員さんに交渉を頼むと向こうの言い分は…「自分の乗っていた車両の暖房が壊れて、寒くて居てられないと車掌に訴えたら、空いてる席に勝手に座れば良いと言われたので私はここに座っている。だから私はここから動かない。」→添乗員さんに懸命に説得してもらう(その間乗車してから20分ほど立ち往生\(^o^)/)→その後車掌さんを呼んでもらい、ようやく席を譲ってもらう

フランスの人は特に、自分の国の文化とか、自分の意識に絶対的なプライドを持っているらしいから、そこがいいところでもあるけど私達みたいな外国人とか、よそ者を排他的に扱うところもあるんじゃないのかな?^^;
神経質で几帳面すぎる日本人と違って、(いい意味で)適当で大雑把で大らかなのはとても結構なことだとは思うんだけど、もうちょっと他人の気持ちになって接してくれたら最高なんだけどな~、と思ったのでしたヽ(´ー`)ノ
あと、英語が通じる通じないってデカイ!w
ドイツは色々と楽だったけど、フランスは苦労した~^^;
スポンサーサイト


コメント

  1. シンゴ | URL | NqNw5XB.

    ボリュームが凄いw

    正直、流し気味に読んでました・・・、後でじっくり~
    ※Twitterで旅行記を書くと、こんな感じになるのかな?w

    > あと、英語が通じる通じないってデカイ!w
    正直、欧米圏なら、英語さえ通じればどうにか・・・、と思い込んでました。
    しかし、ガイドブックすら見てくれないのは、厳しいなぁ~
    ※アメリカのように、移民が多い国だと、また事情が違うんですかねぇ

  2. 夢唯らしき人 | URL | -

    色々羨ましい・・・w

    航空機4機も搭乗したことも羨ましいですが(773や744...etc)
    TGVも乗車したんですねぇv・・・あぁ・・・想像しただけで('ー'*)わふわふ

    しょっぱなから・・・アンダーワールドww
    いいセンスだっ!

    きっと人生でいい思い出になるはずですb
    羨ましいっ、私も旅に行きたくなってた・・・
    DomesticからGlobalに覚醒しようかなっ

    そして、遅ればせながらレポートお疲れ様です税Σd('ω')ビシッ
    私も人のこといえないんだけどなー

  3. 夢唯 | URL | -

  4. 真弓★ | URL | tVjS75jo

    シンゴさん
    解説は、紹介したいこと片っ端から書いてたら凄い量になったので、流し読みで十分ですw
    Twitterって登録してないので、分からないんですが、どんなもんなんですかねぇ?私はmixiの「エコー」機能のようなものかと思ってました。
    欧米でも、フランスは観光地や空港、警察等以外ではほどんど英語は通じない感じでしたね。(英語もろくに喋れたものではないですがw)
    寧ろ、英語を「嫌う」という意識もあるみたいですね。
    他にもこのような国はいくつかあるかと思います。

  5. 真弓★ | URL | tVjS75jo

    夢唯さん
    TGVご存知でしたかww(私は知らなかったYOw)
    さすが高速乗り物マニア!(ぇ
    Underworldと空の景色って合うと思うんですよ(゚∀゚)
    雰囲気つくりには大切だと思うので、BGMの選曲は拘ったつもりですΣd('-'*)
    うんうん、良い思い出になりましたよ~v自分で作っといてなんだけど、動画何回も見直してますww
    是非快逃ねこまんと世界征服を目指して海外進出してくださいvv

    そして、手書きコメントもありがとうwwペンタブで書いた?w
    クオリティに関しては、全然高くないと思います!(゚∀゚)
    ちょっと写真のセレクトと時系列に並べ替えるのが手間がかかって…BGMのチョイスを拘ったくらいで、それ以上のことは何もできませんでしたorz
    >雪景色
    とても綺麗だけど、うちの地元でもこのくらいの量なら降りますww
    時系列順に感想書こうとしてくれてたのかな?w
    |' ')Full希望
    tk、夢唯さんは夢唯さんらしい素敵な旅をしているじゃないですかv
    私も日本の西の方とか行きたいよ~w
    ではでは、ご丁寧な感想、ありがとうございましたヾ('∀'*)ノ

  6. アイラ=イーム | URL | -

    なげぇYO!全部読んだけど(ぁ
    やっぱ、ヨーロッパの様式は圧巻ですね。リアルで見たらさぞ感動するでしょうね。
    あと、ラーメンの写真みてフキマシタwww
    ヨーロッパで日本語が見れるとは思わなかっただろうなw
    偶然みつけたんだろうか?w
    ヨーロッパは、一度は行ってみたいな~w

  7. 真弓★ | URL | -

    Re: タイトルなし

    アイラさん
    読破ご苦労!(ぁ
    リアルで見た時はそりゃもう、夢の世界の中に居るようでとても現実味がありませんでしたよww
    日本語、観光地だと結構お店の人が喋ってくれたり、パリ市内だと日本料理屋さん、割といっぱいあるみたいでしたよw
    日本人用のパリ市内観光マップにはずらりとラーメン屋とか寿司屋とかがあったので、今回のはその内から適当に選んで行った場所なのでしたw
    ヨーロッパならずとも海外は1度行ってみると良い経験になるかもねb

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ran69i.blog102.fc2.com/tb.php/330-9163cba8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。