スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最古級のアニメ

2008年11月11日 21:45

いやーすっかり放置しちゃいましたねさーせん><

今日はまたかって感じなんですが先週の大学の歴史学の授業のお話をw
いや、だってあれネタ的にオイシイんだもんw

で。先週教材?として見たのが「桃太郎 海の神兵」というアニメ映画作品。
”日本の海軍省より国策アニメ映画製作の命を受け1944年に松竹動画研究部によって製作され、戦時下の1945年4月12日に公開された国産長編アニメ(白黒、74分)でフィルムは9巻。(中略)日本初の長編アニメーション映画『桃太郎の海鷲』(1943年)の姉妹編である。”

いうなれば日本最古級のアニメと言っていいですね。

率直な感想は猿の顔がこわ(ry
いや、うさぎとかりすとかは普通に可愛かったんだけどね…w


詳しい内容はwikiのページを読んでもらうとして… と、思ったのですが、問題が…。
まぁこういうことはよくありますが「wikiであるが故」にこのページの解釈と学校で習った教授の解釈、相違がみられるんですね~。苦笑

今は戦前・戦後のメディア(テレビ・新聞・ラジオ・映画etc)が戦争というものをどのように報道し国民にどのような影響を与えたか…的なことについて勉強してるんですが、この「桃太郎」については子供向け作品でありながら、人により様々な解釈が見られるようです。
基本的に子供達の戦意を高揚させ学生を含めた動員確保のために製作されたということになってますが、

wikiに載っているこのエピソード
ミュージカル仕立ての場面があり、これは監督である瀬尾光世が、1940年にアメリカで公開されたディズニーの長編アニメーション映画『ファンタジア』(日本軍が戦地で没収したフィルムを、海軍省を通じて見る機会を得た。日本での公開は戦後になってから)を参考とし、たとえ戦意高揚が目的であっても、ファンタジアのように子供たちに夢や希望を与えるような作品にしようとしたことや、姉妹編である『桃太郎の海鷲』と同様に平和への願いを作品中に暗示させたことが大きく影響している。
…中略…
封切の初日、大阪帝大附属医学専門部の学生であった手塚治虫は、勤労動員の休日に大阪松竹座でこの作品を観た。手塚は当時、海軍の意図した戦意高揚の演出中に隠された希望や平和への願いを解し、甚く感動し涙を流したと後に語っている。また手塚はテレビアニメ『ジャングル大帝』で、動物たちに言葉を教える「アイウエオの歌」で、この作品の1シーンをオマージュにしていることで有名。
についてウチの教授は「平和への願い」なんてあったもんじゃない的なことを言っていました。笑

「アイウエオの歌」は東南アジアで基地を作ろうとした日本兵(になぞった動物)が、現地民の協力を得るために日本語を教えようとしたがなかなかうまくいかず、考えた結果歌に「あいうえお」をのせて歌い聞かせて教えるというものなのですが、国境を越えて歌でコミュニケーションをとることに素直に”平和への願い”を感じますか?。
実は日本人の現地民に対する少なからぬ偏見があったのではないかという話を聞きました。
日本の兵士は訓練に耐え任務を理路整然とこなしているのに、現地民はだまってまともに言葉を学ぶこともできない…というような。
どんだけ日本人が高尚な生き物だと思ってんのかってなりますけどねw

1944年に製作されたとなると、そろそろ戦況も苦しくなってくる頃だと思うんですが、果たして製作した方の真意はどうだったんでしょうね~。
wikiも鵜呑みにできないしねw

にしても手塚治虫影響うけすぎだろw絵も似てるしw


以下まったく関係ない話w
東方やってるけどそろそろスランプっぽくなってきたw
今んとこ
永夜抄→ノーマル5面ボス戦で死亡
風神録→ついさっきイージークリアしたからのーまるやったら3面でオワタ^q^
地霊殿→イージー5面序盤で死亡
20081111215935.jpg
スポンサーサイト


コメント

  1. 早鞆干珠 | URL | SEFye3cg

    海の神兵ですか!。
    また渋いものをw。
    相変わらず真弓さんとこの講義は楽しそうだねw
    作中に出てくる航空機の書き込みがスゴイので有名ですよ~。

  2. アイラ | URL | -

    >永夜抄→ノーマル5面ボス戦で死亡
    もう、お主に教えることは何も無い(ゴフ

  3. なごみ | URL | NR5zQBys

    戦中のアニメなんてものがあるのか!!!
    興味本位でだけど、見てみたいです。

  4. 真弓★ | URL | tVjS75jo

    早さん
    今は李香蘭の「蘇州の夜」というドラマ映画を見てます。
    色々と新鮮で面白いですよw
    桃太郎の航空機の作画は確かにリアルでした!
    後ろの席に座ってた軍ヲタらしき男子生徒がざわついてましたww

    アイラさん
    ほっほっほ、原作の腕前は私が勝ったようデスネ(*'艸')

    なごみさん
    私もそんな時代からアニメが存在していたのかと驚きでした。
    なかなか、今のアニメと近からず遠からず、面白いですよw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ran69i.blog102.fc2.com/tb.php/268-a3b50fc6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。