スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「元」一員として。

2008年10月13日 20:21

LHのクラン解散についてですが、メンバーの1人としての一意見を書こうと思います。
当事者のみの説明だけではなく第三者からの意見も事態の把握には役立つかと思いましたので。
最も、張本人の方とはブログリンクもしてませんので見ていただいてる可能性は低いと思いますが…。
まぁ、他のクランメンバーの方でまだ理解しきれないという方もいるかもしれませんので何かの手助けになれば。
もう結構今更かな^^;


結論から申しますと、私としては「来るべき時が来たか」という心境です。
ですから突然の解散といいましても驚きはほんの少しでやっぱりな、という気持ちが大きかったです。

早さんが仰ってた通りそもそも「一刀系」と「すたーだすと系」のゲームへのプレイスタイル?の相違から始まったと思うのですが、おかしいなと感じる行動(具体的には早さんが挙げているので略)が目につくようになってクラン内の空気に違和感を感じ始め、だんだんインするまでになかなか手が伸びなくなっていました。
しかしゲームはやりたかったので苦笑、サブを作りソロでコソコソLv上げをしていたのが私のここ最近の現状でした。

ある日、たまたまメインでインする気になった時に起きたことが早さんのブログ・10/11の実例、ケース7の件です。あの当事者が私です。
正直私は元々ゲーマーでも何でもありませんし、ラビも慣れてませんでしたし身のさばきについてはYGにしてもLHにしても絶対素人な方だと自覚しております、そんな至らない自分のせいでミスをしてしまったことに関しては申し訳なかったと思ってます。

実はその時は不肖にも自分がミスしたことに気付いてもいなかったのでとにかく敵を倒すのに必死な状態でした。
倒し終えて落ち着いた後に例の方からあの発言が出たのです。正直事態を把握し謝罪する間もなくあそこまでハッキリとまくし立てられたのは私も初めてで呆気に取られた、という感じでした。
そこへ早さんにも指示を出すような素振りも入り今にも口論になりそうな空気になりましたが、その時は面倒なことにならないようにとなんとか場を取り持とうとした次第です。

その後YGにインしたその時の一刀の集会では私も早さんも会チャでちょっと荒れ気味になってしまいましたね^^;


私に直接関わる事柄はこれぐらいでしたので、私にとっては「あの人達とはあまり関わらないでいこう」程度にしか思っていなかったのですが、早さんのブログを読む限り似たような件は他にもいくつかあったようでしたね。
マスターという立場上、私のように自己判断でインを控えたりはできないでしょうし必然的にそういう場に接する機会も多くなってしまったのでしょう。
それ故にクランマスターという仕事の難しさと、一つはほんの些細ものでも少しづつ積み重なってしまったわだかまりは相当なものになっていたのではないかと思います。
そして最終的に今回の決断に踏み切ったこと、私には到底成し得ないことだと思いますし事態を打開できる最善の策だったのではないかと考えます。
早さんには心からお疲れ様です、と伝えたいです。

今回クランが解散になるまでの決定打となった不正等の話につきましては個人の見解も違うでしょうし意見は控えますが、この解散でLHを離れかけていた私が戻る気になるキッカケになるかもしれないのは事実です。
ちょっと言葉が足りないかもしれませんが…あのクランで、このように感じているメンバーも居たということ、頭の片隅に置いていただけると幸いです。


ひとりひとりが、オンラインゲームにはあくまで「人間の中身同士」が直接交流しあうという特性があることを理解し、お互いを配慮して皆で楽しく遊ぶことができるようになるといいですね。
ゲームをするだけならネットなど使わなくても家庭用ゲーム機だけで十分のはずです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ran69i.blog102.fc2.com/tb.php/256-0e62c5c1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。